ホーム >TOCERAMの特長

TOCERAMの特長


空焚きOK! 過酷な空焚き状態になっても大丈夫です。

  鍋の裏底温度は、弱火の状態でも300℃に達します。
中火の状態では450℃。 ハイカロリーバーナーの強火状態では600℃近くまで上昇します。
また、熱効率が非常に高い電磁調理器については、空焚き状態で鍋を加熱しますと約5分で450℃(*-1)まで急激に上昇します。
耐熱素材を用いて製造されたトーセラム商品は、このような状態になっても安心してご使用になれます。

    (注:*−1は社内試験によるデーター)
 
  カセットコンロによる空焚き試験状況 電磁調理器での空焚き試験状況
(注:実際には電磁調理器では空焚きはできません)
   

耐熱衝撃温度差MAX700℃ 熱衝撃に強い秘密は、トーセラムに使用されている低膨張原料と配合比率にあります。

  トーセラムに使用されている原材料の一つであるペタライト。
この原料を使用することで、熱膨張をきわめて小さくすることが可能となり熱衝撃強さを高めることができます。
さらに安定性を保つためには、ペタライトと他原料との配合比率が大変重要です。
製品別ごとに独自の開発で独自の調合方法によりトーセラムは商品化されています。
    熱衝撃試験 試験成績表
 
  低膨張原料 ペタライト原石 長崎県窯業技術センター調べ
   

食物に効率よい波長領域で安定した遠赤外線を放射します。

  遠赤外線は全ての物質から放射されますが、特に食物が吸収しやすい波長領域で如何に効率よく放射されるかがポイントとなります。
トーセラムに使用している素材は低温領域から高温領域及び食物が吸収しやすい波長領域(3ミクロン~10ミクロン)
において、安定した遠赤外線を放射し、また放射率も0.8以上と大変高く、食物に対しても効率よくその効果を発揮します。
 
 
     

有害物の心配はありません。

 
  トーセラムに使用している素材は、天然鉱石や鉱物を使用しております。
これらの原料を使用して1,250℃の高温で焼成するので有機物は含まれておりません。平成21年8月度より、食品衛生法改正に基づく規格改正に伴い鉛、カドミウムの溶出基準値が大変厳しくなっておりますが、トーセラムはこれらの溶出は認められておりませんので安心してご使用になれます。
     

水道水に含まれる塩素(カルキ)を減少させます。

  トーセラムに使用している素材は、無数の小さな気孔があります。
この気孔が水道水に含まれる塩素を吸着し美味しい水にします。
炭が、臭いを吸着することと同じ効果が、トーセラムに使用している素材でも得ることができます。
  試験依頼先 財団法人日本食品分析センター
試験成績書発行年月日 平成15年6月27日
試験成績書発行番号 第403060201-004号
   

余熱特性を利用して煮くずれを防ぎ美味しい調理が作れます。

 

アルミ及びステンレスの鍋に比べ保温力が優れているので、通常の調理時間より8割程度で火を落としてもらって結構です。 セラミックスの特性である余熱によって、煮くずれを防いだ美味しい調理を作ることができます。
 
 
このページのトップへ